私が私であること

真我という言葉がヨガでありますが、それは魂、それは本当の自分という言葉にもなるらしいのですが、本当の自分ってなんでしょう。。生きているうちにそれを知ることそれと一体になることがヨガの至福であり、目的・・・らしいです。

私が日々の生活で感じること、思う事、自分の中で出てくる感情、自分の意見は、マインドやエゴに邪魔されている・・・それは真我ではないという方もいるかもしれないけれど、私は自分が感じること、思う事、自分の中に出てくる感情は大切にして生きていくことこそ本当の自分に近づいていく方法だと思います。

他人の意見、他人の感じていることと、自分の今感じる意見や感情が違うことは、ここ数年私はだめな人間だ、正しい答えは周りのかしこい人が言う意見が正解で、もしかしたら私は間違っているんじゃないか・・・でも自分の感じることはやはり違う・・・合わせないといけないのかなあ・・・と葛藤しながら生きていましたが、もうそれはやめました。

私が感じること、私が選ぶこと、私の中に沸き起こってくる感情、マインドも・・それが私の答えです。

自分の答えを内側でしっかり受け止めて正直になると、とても幸せになります。

ほんとうは誰でも人と同じ答えになるときのほうがまれなのかも。

観ている方向見ている場所、観ている環境、皆違う。

それもわかっていれば周りの人たちの意見が自分と違っても柔らかく受け入れることはできる。

みんな違うからこそ、最期に世界は一つワンネスに戻っていけるんだと思います。

エネルギーを調える

私たちが生きる上で仕事というものは生きるためにお金を稼ぐという大前提の次に、自分という存在をしっかり確認するうえでも必要なことだと思います。
私にとってはヨガレッスンを行い、皆さんにヨガのエッセンスを少しでもお伝えすることは私の存在を自分自身で確認すること、幸せにつながっていますのでご参加いただく皆様にはとても感謝しています。

これまではヨガが大好きだから一緒に皆さんとヨガをできれば幸せでヨガレッスンを続けてきましたが、自分の感情にまあいっか・・・でちょっと蓋をしてしまっていたようです。

やはり自分の中のエネルギーの流れがおかしくなってきたときはちょっと立ち止まってしっかり自分の内側の声を聴いてみることは大切だと思いました。

ありがたいことにこれまでルールを設けずにやってこれたのはマナーの良い方ばかりがヨガ教室に来てくださっていたんだなあと最近やっと気付かされました。

残念ながらルールなしでは教室を続けていくこと、私自身のエネルギーのバランスを整えるためにはルールを守ってくださる方々としかヨガはできないと思いましたので今回規約を作らせていただきました。

当たり前のことをきちんと設定していなかった私自身がいけなかったなあと反省しています。

皆様とこれからも良い気分でお互いのエネルギーを高めあいながら一緒にヨガが出来れば幸せです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

夏休み

この夏はたくさんお休みをいただきましてすみませんでした。
今年の夏も暑かったですね・・・。
今年は遠出するわけでもなく静かに過ごしていました。
我が家の娘は夏休み残り3日しかない今日から自由研究を始めています。どうなることやら・・
夏休みの終わりには毎年恒例の24時間テレビですね。
若いころは24時間テレビみることもなかったですが、30半ばくらいから毎年時間があればチャンネルは24時間テレビにしてみています。

去年も泣かされましたが今年も泣かされました・・・

どのエピソードかは忘れましたが、心に残った言葉があります。
あるお坊さんの言葉だそうです。

人の幸せとは4つあるそうです。・・

1、人に愛されること
2、人に褒められること
3、人の役に立つこと
4、人から必要とされること

この4つが幸せの基本だそうです。

私たちは人間がお互いに助け合いながら生きています。
他人と思っている人でも同じ人間と思えば困っている人を見れば助けたいと思います。


ヨガで学んだ梵我一如この世に生きとし生けるものすべてはもともと一つの宇宙なのだ・・たという大きな概念で、私たちはもともと宇宙の一部でありもともと魂というもともと至福の存在だったという考え方があります。そこを知り至福に戻ることがヨガの最終目的の悟りに至る状態です。

そういう概念は宇宙の真理らしいけれど、もともと至福だとか、もともと私たちの魂は幸せという言葉は現実離れしているし、お金を稼いで食べて命をつなぐという生き方をしている現実社会、物質社会や欲にまみれて生きる私たちの視点からは、かけ離れたところがあるようなきがするけれど、上記の4つの言葉を聞くと私たちがこの世界で人間として生きる意味が分かる気がします。

人と人とがかかわること、家族を作ること、働くこと、何か誰かのお手伝いをすること、人から喜ばれたり、褒められること、人を褒めること、どんな小さなことも、自分の中の幸せにつながっていること。。。

ヨガの難しい哲学を知ったり勉強するよりも、わかりやすい基本的な言葉のほうが大切だな・・と
この夏はっと気づかされた良い言葉でした。