今を一生懸命

今この瞬間自分が行っていることに対してただやれているとき。
ヨガのレッスンを思考や感情に惑わされずにただ集中しているとき、そういう時、自分の内側では自分を客観視する感覚も、内側で自分がやっていることに対しての認識もなく、ただありのままに身体を静止させているとき、心も静かな一瞬があります。

そういう時、体や心、魂との統合が起こっているのかなあって思います。

思考感情に惑わされないただ今を生きること・・・それがヨガでいうところの至福の状態。
だから表面的に、物質的に、他人から見たらアラーあの人大変そう、不幸そうって思われても、その人が思考や感情に惑わされずに、ただ精一杯、今瞬間に一生懸命何かを行っていればそれはヨガ的にはその人は至福な幸せの状態のようです。

日々の生活を精一杯行っているとき、ヨガのレッスンも精一杯行う、ヨガを精一杯お伝えしているとき、子供と過ごしているとき、精一杯のエネルギーで向き合うとき、私は幸せです。


子供の成長で執着を手放す

春になりPTAの役員決めや、学校へ出向く機会も多くなりますね。

私は最近はあまり学校の行事にも参加しないダメ母ですが、長女の頃は結構学校行事にも意欲的に参加していた方だったかもしれません。

子供を育てていくうえでママ友とのおつきあいももちろん大切になるし、私もいろんな方との出会いがあり、人間関係でいやになったり、失敗したり、いろんなことがありました。

今は子供抜きにしても年に数回はお会いするする10年以上のお付き合いのお友達もでき、子育ての中での人間関係もありがたいご縁でつながっているなあと思っていますが、もうすでにその関係の中には○○ちゃんのお母さん、という部分は少なくなっているように思います。

もちろん会えばいろんな話の中には子供の成長の話も出ますが、お互いの仕事の悩みや趣味の話、人間としてのお付き合いです。

母親は特にかもしれませんが子供が成長するとともに、成績やいろんなことでほかの子供とわが子を比べてしまう事もあるかもしれません。

それは子供が我が子という思い=執着によって生じてくるものだと思います。


そんな子供への執着があるうちは、ちょっぴり距離を置きながらお母さんとしてのお付き合いをして、子供が成長したら少しづつ母としての執着から離れたときに、ご縁がある方々と本当の人間関係が築ければいいのかなあと思います。

親離れ=子離れ=執着を手放すことですね。

アーサナや呼吸でまず感じる

ヨガインストラクターになり、ヨガを伝えさせていただくようになり、数年たったころ私が行っているのはヨガなのか?ヨガ=体操なのか?わからなくなってしまった時期がありました。

その当時、思い起こすと、表面的な体の筋肉などを付けることや柔軟性や見た目ばかりにとらわれていた自分がいたかもしれません。


ヨガにお越しになる方々のほとんどが柔軟性や健康になりたいかたです。もちろんヨガできれいな体やダイエットとともに心もリラックスさせたいという方もいらっしゃいます。
私もそんな感じでヨガを始めました。

まずはヨガのアーサナと呼吸でリラックスしてみてください。

身体を緩めてリラックスすることで普段頑張りすぎていた自分、力が入りすぎていた自分の身体に気付くことで、普段自分の心がいかに動き回っているのか、変わっていくものということにも気づけてくるのではないかなと思います。



まずは体操やストレッチと思ってもらって、是非アーサナや呼吸法で身体を緩める感覚を味わってください。
表面の肉体や心は諸行無常でどんどん変わっていきます。
身体で感じることでいろんな気づきがあります。そこからさらに内側に意識が向くと、心がいかに変わるものか、動き回ってとても厄介なものかに気付けたら、そこを静めて、さらに深い何も変わらない静かな自分と向き合うことにつながっていきます。