養成講座

春から始める養成講座のお問い合わせが少しづつ増えてきました。
私がヨガのインストラクターになったのはちょうど10年前、あっという間に過ぎてしまいましたが、私が初めてヨガという名前でレッスンを受けたのはパワーヨガでした。

2,3か月パワーヨガに通いながら、こんなにも気持ちよく、ヨガをした後のこの爽快な感覚や、すっきりと良い気分になる感覚を私も誰かに伝えられたらいいなあ・・・と思っていたら、家のすぐ近くでヨガ教室をやっている先生がいらっしゃって、その方がシヴァナンダヨガの養成講座というものを開催するというブログを見つけて、迷いなくすぐ、申し込みました。

パワーヨガを始めて約3か月くらいですぐにヨガのインストラクターになりたい!なんて思うことも振りかえるとちょっと無謀なことだったのかもしれませんが、その時の自分の流れは何かに導かれるみたいに、先生のお宅へお邪魔して講座を申込み、厳しい指導を受けながらなんとか人前に出て何かを話すとか、とても苦手だった私が、3か月間くらいの講座によってずいぶん変化していきました。
しかし、ヨガというものは、私が感じていたヨガにたいする軽い印象とは全く違った深い深い智慧がずっしりつまっている神聖な学問であり、哲学であるという事、修行の体系でもあるという事がわかりました。


ただ、それを私が当時求めていたかといえば全く、求めていませんでした。ただ身体を動かして柔軟性や筋肉をつけて健康になるそれがヨガという思い込みもつよくそれが伝えられればいいかなくらいでレッスンの誘導を練習していたと思います。
目に見えるものありきで生きていましたので、自分の内側の魂という言葉もよくわかりませんでした。

講座の中での学びで印象的だったことは、非暴力という教えによって食生活をヴィーガンに変えることが一番深いありがたい学びだったかもしれません。

結局、当時はヨガのアーサナが本当に多岐にわたり、難しいアーサナをできることがすごい事であるという思い込みだけが残ってしまいました。

ヨガとは・・と人に訊ねられてもきっとうまく答えられなかったと思います。

ヨガインストラクターとして体を作らないといけない、しっかりポーズをとらないといけない、必死でヨガのポーズばかりを練習し続けたおかげでヨガのアーサナはだいぶできるようになり、柔軟性もついて筋力もつきました。しかし表面はかわっても自分の内側はなにも変わらないし、自己否定の強い心癖にもなかなか気付けない自分がいました。

ダイナミックなヨガのポーズを行うことは楽しくもありますが、粗大な感覚を味わっている感じもあります。
私にとっては瞑想的に微細な感覚を味わうためには地味なポーズヨガの基本的なポーズで十分かもしれません。
ただ、私はダイナミックなヨガのポーズなどもエクササイズととらえてやっていくことは必要かなと思っています。自分の軸をしっかり安定させていくためには表面のこの身体にも適度な筋肉や柔軟性をつけておかないと外側からのいろんな刺激に弱くなってしまします。


ヨガを学んだことで瞑想に出会い、瞑想を続けていくことで自分の意識というものがいかに外に向き続けて生きていたのか、自分と思い込んでいた身体や心が本当の自分ではないこと、本当の自分は常に幸せな状態で、今も内側に在り続けていることを知ることができ、いかに自分を大切にしていなかったかに気付くことができました。意識を内側に向ける感覚もわかってきました。

本来のヨガとは心を静めて本当の自分に戻っていくために行う修行だった。ということを今は説明もできます。
本当の自分ってなんでしょう?
魂ってなんでしょう?
四十数年生きてきて、いろんな経験をしてきて、ヨガの学びによって、自分にやってくる物事への見方もかわり、過去の見方は変えられることを知り、今ここに生きること、宇宙に生かされていることに感謝すること、瞬間瞬間を一生懸命生きることを学ぶことで、考え方や行動や言葉を意識して生きることが大切なことだとわかりました。

この世界に陰と陽があるのであればポジティブばかりを出さずともネガティブな自分ももちろんあることを認めたうえでやりたいこと挑戦したいことヨガのインストラクターになりたいという事がわくわくするならぜひ、恐れを認めながらも一歩踏み出してみませんか?きっと本当の自分が導いて行ってくれますよ。

スタジオココロでの養成講座は私がこれまで学んできたヨガの歴史やアーサナの誘導法、ヨガインストラクターとしてヨガを行っていくうえで必要な知識や言葉をしっかり丁寧に説明していきます。
まずはハタヨガの基本的な流れとポーズや呼吸法、浄化法を誘導できる練習をしていきましょう。

それとともに私が実践している引き寄せの法則のお話なども交えながら皆さんとともにわくわくの方向へ進んでいけるお手伝いをできればと思っています。

今こことは

今ここ・・・という言葉よく使いますが

私たちは普段いろんな感情が湧いたり考えたりしていることを認識している状態にあることが多いです。

特に悩んだりして内側が苦しんでいるとき・・・

過去を思い出して後悔したり、未来に対して恐れたり・・・

そんな時は本当の自分(見ているもの)と自分と思っている身体や心(見られているもの)が分離している状態です。今ここではない状態です。

本当の自分とはヨガでは真我とか魂とか言われます。

今ここというのは本当の自分(見ているもの)と自分と思っている身体や心(見られているもの)が1つになっている状態・・・

今ここは内側の感情も思考も肉体もすべてが一つになっている状態・・・


無我夢中の状態。

今がOKという状態。

今に満足している状態。

今すごく楽しんでいる状態。

自分が自分らしくあるとき。

至福の状態のとき。

好きなことを一生懸命やっているとき。

そんな時は今ここに在ることができていると思います。

カルマの法則

因果応報

自分の蒔いた種は自分で刈り取る
それが因果応報

必ず自分がやった行いは何かの形で帰ってくる。

カルマの法則です。

たとえば、会ったり何かしらで接点がある人がいて、どうしてもその人と会話や交流をするたびにいやな思いになったりする人に対しては、相手に失礼な人だと思われようと、嫌なものは嫌だし、不快なことをされる人に近づきたくないので私は黙って離れます。追いかけてこられても離れます。逃げます。

嫌な感情が湧くことにに気付かせてくださってありがとうと心の中でお礼を言えばいいんです。

同じような人がまたやってきてカルマの法則から逃げられないと気付いても私はまた逃げます。

逃げることが今世で私ができる精一杯です。

まだまだ魂レベルが低い私です(笑)

来世のわたし、刈り取りよろしくね。