Img_5157373c93ad21c12b8030cde0b27dad
Img_8fa8cf7d4ebc768d0b71287bb6f19788
Img_a29560d9dc4bc2d371de74aca59bfbee
昨日の酵素ジュース教室ではいちごと梅の酵素ジュースを作りました。

一つ抵抗がある方はあるかもです。私も慣れるまでどうしてもこの部分に抵抗がありました。
酵素ジュースを作る際はお砂糖を使うのですが、白砂糖を使います。
白砂糖は体に良くない老化の原因になる活性酸素を作り出したり、カルシウムを体内から吸収して骨や歯を弱くしてしまうもので身体に害のある酸性の食品として普段は料理には絶対使いたくないものなのですが、酵素ジュースを作る際だけは果物のエキスを抽出する際の浸透具合が精製された砂糖のほうが適していることと、発酵するとブドウ糖と果糖に分解されて白砂糖の害はなくなるようなので、酵素ジュースを作る際には白砂糖を使います。
酵素ジュース教室では、まずはこの白砂糖を使う説明となぜ酵素が良いのか説明をさせていただいてから作成に取り掛かります。

随分気温もあたたかくなり、夏日に近い日も増えてきて、冬場は3か月ほどかかっていた発酵も一か月もすれば大丈夫かと思います。
発酵食品を作るには今が一番良い季節かもしれません。

毎日瓶を振ってガスを抜くこと。これさえ忘れなければちゃんと発酵も進んでくれます。
毎日観察していくと、発酵する具合で泡がぶくぶく立ちだして、強い生命力を感じられてだんだんといとおしくなってきますよ。


一昨日から少しづつファスティングの回復食に入り、まずはスープの上澄みから始めて、野菜スープを飲み始めました。
野菜スープには人参、セロリ、玉ねぎ、キャベツ、トマトなど入れてフードプロセッサーで細かく刻んで昆布だしで作りました。
ファスティング後の野菜スープは最高においしいです。でも食べ過ぎないように、少しづつ普通の食事に戻していき、ファスティング前の食生活を改善させることも目的です。

ファスティング中、一日目は倦怠感や眠気がひどく、二日目も頭痛が出たりしましたが三日目にはすっきり爽快な気分で身体がデトックスされた感があり、感覚が研ぎ澄まされた感じで意識が内側に向かいやすくなった気がします。良い感じの瞑想状態に入れた。

偶然GWにファスティングをしたという方と出会ってなぜファスティングしたのか尋ねたら、開運のためだそうです。
うん、確かにこれまでファスティングした時にも運がよくなったような気がします笑。

ファスティングの好転反応を乗り越えたら、元気になって気持ちが晴れやかになりますね。

ファスティングでちょっと胃も小さくなってこれまでのドカ食いのくせや間食もちょっと抑えられそうです。
これからは小食を心掛けていければよいけれど・・・。

気が付けば快晴の良いお天気夏のような暑さの日もありますね・・・
薄着の季節・・・はっと気づけば身体が重いです・・
寒い時期にため込んだ毒素を排出すべくただ久しぶりに今ファスティングを始めて2日目です。
倦怠感やだるさがありますが、今回は圧搾ジューサーで作ったリンゴと人参のジュースや、たまに甘酒を飲んだりして過ごしているので好転反応でよく出る頭痛はまだあまり出てません・・・
あと2日間くらい過ごせそうな気がするけど・・・
回復食もちゃんと気をつけてとらないと・・・
数日頑張ってみます。
GW皆さんいかがお過ごしでしたか?
私は旦那さんの仕事の手伝いなどでちょこちょこと忙しくしていましたが、養成講座をこの冬受けてくださったYさんの新築のお宅へお邪魔しました。
Yさんのお宅は動物園のすぐ近くの江津湖の近くでとても素敵な環境で育児が落ち着かれたらヨガ教室を開かれるそうです。ヨガ教室用のお部屋にもお邪魔してココロでレッスンしてくださっているゆかり先生と3人でヨガして来ました。
心地よい風が吹く二階のお部屋で本当に気持ち良い時間でした。
また遊びに行きたいなあー
Img_d1cf06cc1f4c44caeac58b301f54b648
Img_4f7694481b710c72a960d40c96c2862c
ロンドンではワンデイや1ウィークといろいろ選べるトラベルカードというものを買うとその選んだゾーン内は終日フリーで乗り放題のチケットや、一定の金額をカードにチャージして使うオイスターカードを持っていれば15歳以下はとても安く乗れる方法があり、私はトラベルカード、娘はまだ15歳だったのでオイスターカードでロンドンの街を地下鉄とバスで移動したのですが、自分の脚力のなさを痛感いたしました。
地下鉄に乗らずともちょっと20分~30分くらい歩けば目的地なんだけど、やはり歩く距離も普段のヨガして家でもそもそと生活していた私にとっては、とても過酷で、学生時代の強歩会のような気分でワシワシと頑張って娘と歩いたのですが、ふと見るとレンタル自転車のステーションが行くとこしょっちゅう目についてしまい、歩き疲れた娘と私は借りてみよう!ということで勇気を出して自転車に乗ってみました。
2ポンド(約300円)をまずクレジットカードで支払えば30分以内でどこかの自転車のステーションに返せば一日中何回レンタルしてもOKというとてもリーズナブルなレンタル自転車、最初は借り方がわからず戸惑いましたが何とか借りたのはいいけれど、自転車って車と同じように車道を走らねばならず、後ろからあのロンドンの赤いバスがやってきていたりしてハラハラしながら自転車をひーひー言いながら漕いで、熊本弁丸出しで「バスが来とるよー!気を付けなっせー」とか娘に叫びながらサイクリングしてきました。
自転車でテムズ川の橋の上を走って本当に爽快でした。
ただ数日前のテロがあったことは常に忘れられずここでまた何かあったらという恐怖感は正直、ぬぐえませんでしたが・・。
地下鉄や観光客のごった返す街中では、人種も多いロンドンですから、何が起こってもおかしくないなあと思いましたし、帰国してからどんどん世界情勢がおかしくなってきているようで少し遅かったらみんなもっと心配したかも・・・と思いました。

一週間ものお休みをいただくのだからヨガの勉強にでも行くのかと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、一切ヨガなし旅でした。
ヨガスタジオいくつか見かけましたが、ホットヨガや、最近のおしゃれヨガなスタジオはちらほら見かけました。
インド人は道を歩けばインド人にあたるくらいたくさんいらっしゃいました。

ヨガよりなによりまず、今回の旅の目的は日本とは違う景色、世界、空、空気、すべてを娘に見せてみたかったので、ただそれだけの目的は果たせたと思うので私としては自己満足な旅で本当に楽しかったです。

娘はディズニーランドの景色にずっといるみたいと言っていました。

受験に失敗してちょっと落ち込んでいた娘ですがこの地球は広くてたくさんのまだまだ未知のもの、人がいることを知ってくれたことで、少しでもこれからの人生を柔らかく広い視点で見れるようになってもらえたらいいなあと思っています。

また、ロンドンに出発する早朝、始発の新幹線で10年以上ぶりに再会した高校時代にとても仲の良かった友人も、当時公立に失敗して私と同じ高校に通っていたのですが、その悔しさをばねにして自分の進むべき次の進路をしっかり見据えてしっかり勉強して今福岡で幸せに暮らしているっていうことをここ数日、娘の進路が決定してからずっと思い出していて、ちょうど彼女の話を娘に話していたところだったので、私としてはその偶然にも驚きましたが、娘の高校受験失敗の話や娘も私たちと同じ高校へ行くことをその友人にも話したら、あとから、また心からの娘への励ましのメールをくれて、本当にありがたかったし、その不思議なシンクロニシティにびっくりしました。