今日は新月の4月16日から開始したファスティング3日目です。
今回は一日目から少し頭痛が出たりして辛かったけれど、何とか今日まで乗り越えました。

まだ野菜スープの上澄みスープやお味噌汁の上澄みスープしかとっていませんが味覚がとても敏感になって、昆布と干しシイタケの出汁と岩塩だけでもとてもおいしくて、生まれ変わったような自分の身体の感覚にいつも感動しています。

ファスティング酵素ジュースを飲みながら約3日~4日間行います。

今回一緒に参加してくださった方々とはラインで報告しあいながら乗り越えました。

これからの回復食が肝心で、しばらく報告しあって生活習慣を一緒に改善していきます。

また来月も5月15日前後から開始したいと思いますのでご希望の方は是非一緒にファスティング乗り越えてこれまで経験したことのない感覚を体験しませんか?

酵素ジュースはスタジオココロでも販売していますのでご希望の方はご一報ください。
Img_b2e0aa0a207d0cb5694f9e3989750453
次女と次女のお友達と観に行ってきました。
私達が今何故生きているか。
私達が生まれる以前には沢山のご先祖の色々なドラマがあったからこそ今ここに生きれているということ。それはこれからもずっと続いていく事、本当は忘れてはいけない大切な事を教えてくれる映画でした。

映像も音楽にも引き込まれて娘は普段は泣かないけど隣で泣いてました。
大人でも楽しめて感動する映画です。
きょうはヨガレッスンに数年前まで大学生の頃来てくれていて今は福岡のほうでラジオのお仕事をしている方が久しぶりにレッスンを受けに来てくれました。

熊本地震からもうすぐ、まる2年なんですね。

彼女は地震後も熊本の人たちに何かしてあげたいと、福岡からちょくちょく熊本に来てくれいたんだけれど、今回は熊本地震から2年がたって、に県外の人々ができることをテーマにインタビューもかねてきてくださったので、せっかくならヨガにお越しの生徒さん方にも聞かせてもらいたいとのことでしたので、レッスン後のお茶を飲みながら熊本地震を振り返りました。

皆さん当時の記憶があまりにも地震のショックが大きくて記憶が抜けている部分があったりするとおっしゃるかたや、家が被害にあってしまい避難所暮らしを余儀なくされた上に避難所からご自宅に帰れず、結果的に一緒に避難していた方々がどんどん家に戻っていかれる中取り残されたような状態になり、通常の暮らしに戻っている方々のSNSなどの投稿を見るたびに日々疎外感を感じていたという方や、地震によって少しの揺れでも今もトラウマで恐怖が湧くという方のお話など2年たって今だから振り
返って話せることみなさんたくさん出てきました。

皆さん、それぞれ、いろんな方々が助けてくれたことははっきり覚えていて、今日はあらためてあの時に親切にしてくださった方、県外から物資を持って駆け付けてくださった方、ボランティアでいろんなお世話をしてくださった方々を思い出しながら感謝の気持ちでいっぱいになりました。

大地震という災害が熊本の地で起こったことは衝撃で、もう起こってほしくはないけれど、あの経験は私たちが地球に生かされているちっぽけな存在なんだ。と痛感する学びになったことは間違いありません。自然災害に対する備えはもちろん大切ですが、大地震を経験しても、命を失わずに、この地球に生かされている私たちは、これからは自分たちを守る備えだけではなく、他の場所で起こった際にも何ができるか、困っている方々をどう助けてあげられるか、何を必要とするかをいまから備えておいてあげることも、熊本地震が起こったことを学び、経験だった、ととらえながらこれから振り返っていけるのではないでしょうか?

私は過去はもうないものと言葉にはしてしまいますが、やはり過去を振り返ることは必要だと思います。
いろんな過去も今現在の私たちが生かされていることに感謝しながら生きれているなら、過去への見方は変わります。今を精一杯、一生懸命すごしながら、どんな過去もあの時は辛いだけだったけれど、今は素晴らしい出来事だったと思えるような生き方していこうと改めて思った日でした。
Img_6e4966e5853e13791bbc437131c82786
Img_d69512ae33987a20a214d448ffb21081
店内は昭和チックで時が止まったまま…な感じです。
Img_a562d6eba6401be92ba6177ab977f1a3
先日、佐世保の近くの川棚という土地にあるアンデルセンという喫茶店へ2年ぶりに行ってきました。
ここは知る人ぞ知る喫茶店で、30年以上まえから経営されていてマスターが超能力とマジック?のショーをお客さんへ披露してくれる不思議な不思議な場所なんです。


今回はお友達とアンデルセンの話をしていて、電話してみようということになり、2週間前でしたが予約が取れて、お友達と3人で行ってきました。

11時開店で、私たちはちょっと遅れてしまい11時半頃到着しました。
そこから、奥さんからメニューをもらい食事を注文します。
二年前とメニューは変わらず、お客さんも30人くらい満席です、前回は牛丼?みたいなのを食べたのですが、今回はピザを注文しました。マスターは厨房で一人で料理を作っているみたいでした。
何の変哲もないピザなのですが、前回食べた牛丼よりなんだか、わからないけれどおいしかったんですよね、、ほんとに何の変哲もない冷凍ピザっぽいのですが、マスターのエネルギーが伝わるというか・・・なんなんだろう??これは絶対マスターがパワーを入れてくれていると思いました。
ミックスジュースもおいしかった。

お客さんは皆さん県外からの方々ばかりのようでした。2年前に行ったときは関西から来ていたおじさんが、ここのマスターは日本で3本の指に入る本物の超能力者やで!って言っていました。
確かに本当に日本一の超能力をお持ちだと思います。

前回は幼馴染達と5人で行って、始めてショーを見たときはそのすごさに圧倒されて、何が何だかわからないうちに終わってしまい忘れてしまったので、今回はしっかりもう一度この目で見届けたいのと、くじで当たった人は人は名前や、書いた絵をズバリ言い当てられたりすることを知っていたので、数日前からもうわくわくが止まらず、今回は抽選で当たりますように、と祈りながら寝たのです。

11時開店から注文した食事がくるまで約1時間ちょっと・・・そこからも約2時間位・・お友達とおしゃべりしながら待っていたのでそんなに退屈でもなく、3時前にようやくショーが始まりました。

始めは千円札が浮いたり、100円や50円玉がお札を貫通したり、トランプの切れ端が額縁にはいったり、コーラのペットボトルのラベルが一瞬で内側に入ったり、500円玉が瓶のそこから貫通して中に入ったり、もう次から次へと驚愕の現象が目の前で繰り広げられました。

いやはや、立見席で見ていても時間があっという間に過ぎていきます・・初めにみんな番号を割り当てられていたのですが、棒の下に番号が書いてあるくじをギャラリーの方に引いてもらって、その番号の人が何かしらのマジック?に参加していくのですが、私の番号21番!!当たりました!ヒー!

メモ帳に名前と誕生日と何か聞きたい質問があれば書いてくださいと言われ、とっさに質問浮かばす。。。あわてて書いた質問はあまりに低レベルなのですが、大金持ちになれますか?

そのメモ帳を小さくたたんで人形の口の中へ・・マスターは目の前にいるだけ・・・

私に突然三奈ちゃんでしょ・・・上の名前も漢字もすべて、ずばり!当たりました。私の名前はとても珍しいからきっと当たらないかもと前日からマスターへテレパシーを送っていたからかな・・・!?なんてよぎりましたが、もうびっくり!

おまけに生年月日は電卓でギャラリーの人たちに3けたの数字を打たせて、それを足していって・・・
一日のずれもなく西暦で書いた通り・・ばっちり。
ひえー!!

最期の質問もしばらくお説法のような良いお話をしてくれて・・・その終わり頃におお金持ちになりたいんだね..
そこからどうするか聞いてくれたらなあ・・みたいなことを言われ・・
驚愕・・・ちょっとオハズカシヤ・・でした。
あ、そういえば孫ができますよと言われました・・・何年後かな、、、楽しみ。


まあ、大金持ちになれたらうれしいけれど、今回このアンデルセンに行けたこと、くじで当たって名前を言い当てられたことの方が奇跡でとてもうれしかったし、もうそんな低レベルの質問なんてどうでもよくて・・・マスターの指からバチっとでる静電気のようなもので邪気を落としてもらい、スマホにサインももらい、ショーが終わったのが6時過ぎ・・なんだか来る時よりも自分の中が浄化されたような、すっきり元気になって帰路につきました。

一緒に行ったお友達も同じことを言っていて、アンデルセンのマスターが30年以上この土地で毎日毎日お客さんにご飯を作り、毎日ショーをしていること、食事代だけであれだけの不思議な光景を皆に見せてくれている心意気があまりに素敵すぎて・・。



アンデルセンちょっとでも興味を持った方はぜひぜひ行かれてくださいませ。
とくに、ちょっと疲れている方や、無気力なかた、目にみえるものしか信じない方、そんな方にこそ是非マスターに会いに行っていただきたい場所です。

名前を当てられた私にマスターがこの言葉を書いてくれました。

見る人の心ごころにまかせおきて 高嶺に澄める秋の夜の月

人のが月に対して思う感情は月の光に感謝する気持ちだったり、月の光が邪魔だと思う人もいるが、人がどう思うかなどまったく気にせずに常に澄んで輝いている秋の月のように、人の目や、人が自分をどう思うかなど気にせずに自分らしく輝いていこう・・と、ちょっとここ数年、とあることを思い出すと、重い気分になることが多かった私にとって、軽くなり、前向きに元気をもらえる言葉でした。

今度は娘たちを連れていきたいなあと思っています。


ここ1年くらい、言い訳のようですが自分実験として、とてもぐうたらな生活をしてみました。
食べたいものを食べて、過ごしてみました。

ヨガを始めてずっとできるだけ家では菜食を心掛け、ぐうたらになる前まではローフード中心に生活してみましたが、自分に制限をかけたり、こうしないといけないって思うと私の性格上苦しくなってきて、それを破りたくなってしまうのでぐうたら生活をやってみることにしたのです。


最初はよかったんだけど、最近はあまりに太りすぎて、体が重く、気分も重くなって、こりゃいけない!ヨガインストラクターとしてやばいことになている!とやっと一念発起、(ちょっと気付くのが遅いけど、、)

久しぶりにファスティング(断食)を開始しました。

最初は準備です。
少しづつ小食にしていき、食事の質もお野菜中心で数日過ごしてから、自家製のリンゴと梅の酵素ドリンクと、市販の酵素ドリンクを使って6日間今回はとても久しぶりだったのですがため込んでいたものがすごかったので3日目の好転反応の頭痛や気分の悪さ、だるさ・・を乗り越えたら、爽快な気分になり、
とても気分も爽快に過ごすことが出来ました。

家族への晩御飯も気分よく毎日自分が食べたいものを作り、自分は食べなくてもなぜか満足感で過ごし、今日は8日目ですが昨日おとといから少しづつスープの具はとらず上澄みから始めて、スムージーなどに切り替えて、炭水化物も少量しかとってません。

今はとてもすっきりしています。

これまでの自分実験の結果は、どっちにしろ極端になると自分を苦しめるので、ぐうたらは本当にたまに、基本は菜食を心掛けながら数年前までのすっきりした自分に戻れるように食生活を心掛け、デトックスを続けていこうと思います。

断食とヨガのアーサナで身体を動かすことは本当に相性が良いと思います。

ゆったりした動きを毎日摂りこみながら断食を続けることで、エネルギーの流れを身体にしっかり循環させ、リラックスすることで気分転換になり、空腹やだるさも乗り越えることができます。

断食ファスティング本当にお勧めいたします。

なんだか身体がだるい、重い、生活がちょっとぐうたらになりがち、デトックスしたい方、今の時期はとてもやりやすいかもです。
花粉症やアレルギーの方もファスティングで改善される方も多いみたいですよ。

市販の酵素ドリンクでできますので、ご興味のある方は是非挑戦してみてください。